いろんな話題をあなたと居酒屋トーク。暇つぶしに。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんの名付けでNGなこと

赤ちゃんの名付けでNGなこと


赤ちゃん、子供の名前。どんな名前をつけたら良いのか。
親は悩みまくります。
ところで赤やんの名付けでNGなことがあるのは知ってましたか?
いくつかまとめてみました。

・制度的にNG
これは、論理とかいわれとか関係無し
日本の法律できまってる絶対ルール、これを破った名前は
絶対につけられないというNG。
それは
日本語と常用漢字を使う事。
つまり、ひらがな、カタカナはOK。漢字もOK。
ただし、漢字は常用漢字に指定された漢字のみが使えます。

・論理的にNG
実際にあった事例ですが、「悪魔ちゃん」これは
悪の字も魔の字も常用漢字ですが
論理的にNGとなりました。

悪魔ちゃんを名づけようとした親は
次の子は「帝王」か「爆弾」にしたいな、なんて言ってたとか。
両方制度的にはOKですが、たぶん論理的にはNGでしょうね。
ちなみに、この親、後におくすりで逮捕されました。
おくすりを使ってぶっ飛んだ発想をするのは反則だと思います。


・よく言われるNG
必ずダメというわけではないし地域によってはダメという
ケースもあるし問題無とするケースもある、そんなNGケース。

「親の漢字を使う」
親の漢字を使ってはならないという地域があれば
使っても良いが、親の漢字の下の部分を子の漢字の上に
つけるのはよくないという地域もあります。
たとえば
親が「隆士」という名前だった場合、子供に「士郎」とつけるのは
よくないという話。
親が「隆士」で、子供に「章隆」とつけるのはありという話。


・読みに関しては
漢字に関しては規定がわりとありますが
読み方に関してはかなりザルですね。
有名な話ですが「光宙」と書いて「ぴかちゅう」ですからね・・・。
これがOKなんですから・・・。


・でもこんな特殊な名前
最近はキラキラネームなどと言われていますが
ここ最近にはじまったことではないんですよ。
森鴎外。教科書にのってますね。
歴史上の人物。彼の子供や名付けた名前が現代の
キラキラネームに負けてないという。

男:於菟(おと)
男:真章(まくす)・・・MAXから
男:富(とむ)
男:礼於(れお)
男:樊須(はんす)
男:常治(じょうじ)

女:茉莉(まり)
女:杏奴(あんぬ)




スポンサードリンク







ココマデ


スポンサードリンク



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記
タグ : 話題

コメント

コメントの投稿

秘密
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。