いろんな話題をあなたと居酒屋トーク。暇つぶしに。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルフェイス高山の最後の意味わかる?その後どうなった?とか

ダブルフェイス高山の最後の意味わかる?その後どうなった?とか


ダブルフェイスが放送されましたが
最後が含みを持たせた終わり方です。
これはダブルフェイスは2部作でテレビ版=潜入捜査編=前篇だからですね。

後編は、WOWOWで放送されました。

さて劇中に登場する香川照之演じる高山。
高山は組織の人間で警察をスパイしているわけですが

最後、別の組織の人間にエレベーターで
「これからよろしく」と声をかけられて、高山は自嘲気味に笑って
終わるわけですが、これの意味がわからない
その後どうなったのか?というのをよく聞きます。

・最後のエレベーターのシーンの意味
組織に嫌気がさしていた高山
※警察のエリートで将来を約束されてるから、危ない組織に
 戻りたくないのは当然ですね。スパイであることへの神経の
 すり減りもハンパないでしょう。
は、謀略をつくして
高山が組織のスパイであることを知っている人間を全て始末します。
組織そのものも壊滅させます。
あーこれで自分は自由だと思っているところに
エレベーターのシーンがやってきます。
よその組の人間が挨拶をされる。
つまり、組織が変わっただけで高山はスパイのままだぞ
組織のスパイは高山いがいにも他にもまだまだいるぞ
ぬけられると思ったら大間違いだぞ。
という意味があります。

そして、苦しみぬいてあがいたのに結局何もかわらないのかよ。。
無間地獄だな。と自嘲気味に笑うというシーンなんです。

ダブルフェイスは香港映画インファナルアフェアが原作なんですが
この原作のタイトル、インファナルアフェアは無間地獄=永遠に続く地獄
という意味です。

高山はその後どうなったのか、組織のスパイを続けるのか
それとも組織から消されたのか、それは描かれていません。
ただ、少なくとも組織を抜けて自由になる未来は無い、という悲劇的結末になります。



スポンサードリンク







ココマデ



スポンサードリンク



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記
タグ : ドラマ

コメント

コメントの投稿

秘密
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。