いろんな話題をあなたと居酒屋トーク。暇つぶしに。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花燃ゆ。美和と楫取(かとり)はいつからできてた?

花燃ゆ。美和と楫取(かとり)はいつからできてた?


最終的には、美和と楫取(かとり:仁先生)は結婚するわけですが
※お姉さんが病気で亡くなります
いつからこの二人はできてたんでしょう?

実際はわかりませんが史実としては

楫取(かとり:仁先生)は、未亡人になった美和を気にしていた。
楫取(かとり:仁先生)が群馬へ行くときは既に奥さん=美和の姉は
病気(中風)であり、その看病と同時に楫取(かとり:仁先生)の身の回りの世話も
行っていた。
※ただし楫取(かとり:仁先生)は県令=権力者であるため
 お手伝いさん等、世話する人は複数おりその取り仕切りをしていたと考えたほうが自然。
姉没後、2年で楫取(かとり:仁先生)と美和は再婚。
ただし、この時代、姉が亡くなり妹が独身の場合、妹と結婚することは
それほど不自然でない。

という事実があります。

ですから
・群馬の段階でできてた説。
・姉が亡くなってからできてた説。
・結婚するまでできてなかった説。
全てがありえるわけです。



スポンサードリンク







ココマデ


スポンサードリンク



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記
タグ : ドラマ

コメント

コメントの投稿

秘密
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。